薬剤師の転職は人間関係と働きやすい環境が一番だと思います

初めての本格的な転職先は調剤薬局

: 転職薬剤師カンチが教える!薬剤師求人サイト転職成功術!

初めての本格的な転職先は調剤薬局40代半ばを過ぎた頃に再び転職自分のペースにあった勤務形態を選択すべき

薬剤師になって初めての本格的な転職先は、調剤薬局でした。
その頃はまだ30代で日々忙しく仕事をしており、当時は製薬メーカーの開発を担当していたのですが色々な経験をしたくて新しい職場を摸索していたのです。
その後、友人の紹介で少しだけ漢方相談薬局のチェーン店を勤務したのですが、仕事が非常にハードで私にはきつく感じました。
実際に激務がたたったのか体調を崩すことも少なくなく、家庭の事情もあって親の介護をしなくてはならない状況でもありました。
介護のことを考えると家から近い場所で働くのがベストと考え、電車で数駅の調剤薬局に転職することにしたのです。
新しい職場は駅から近くてよかったのですが、医療ビルが近くにあったので処方枚数はかなり多かったです。
ただ漢方の処方に関しては漢方相談薬局の経験を活かすことができ、透析病院の処方も多くきたのでとても勉強になりました。
在宅業務やクリーンベンチなどの病院勤務の薬剤師に多い混注業務もあったので、色んな経験が出来て良かったと思っています。
設備的にも申し分なく、機材の種類が沢山あって全て電子化されていたので監査システムはしっかりしていました。